がん保険と治療費用

がん保険と治療費用

がん保険と治療費用がんと診断された場合にかかってくる治療費は、がんの種類にもよりその費用に幅があります。
100万円かかった場合や200万かかった場合など治療方針や扱う薬などによって違いが出てきます。また、その症状や部位などでも違いはでます。

がんの治療法の中でも高額なものが先進医療です。
この先進医療は保険の診断と保険外の診断の混合治療がありますが、これにかかる費用は自己負担になってしまいます。

通院治療も可能ですが、どちらにしても費用は高額になり、大まかな金額としては300万円前後かかると言われています。
がん保険にこの先進医療が組みこまれているものであれば良いのですが、これが無い場合では自己負担額が大きくなってしまい治療に集中できないケースも出てきます。
特約で少し保険料は上がってしまいますがつけていて損はないものだと考えます。

がん保険には、このような特約を付け足すことも可能ですし、保険相談員からの提案などを参考にして様々ながんの特徴によって保険を組み立てていくことが必要になってきます。

かんが一度見つかってしまうと、思うようには完治しないものです。再発の不安を抱えている患者さんはたくさんいます。
備えとして加入するからには、保険内容には様々なチェックが必要になります。

女性特有のがんなどに特化した保険もありますので、見比べてみるのもいいでしょう。

最新記事